硫黄島の旅 2

DSCF4747

 

前回からのつづきです。

 

 

 

誰もいない東温泉でまた夜明けを迎えた。

 

波の音しか聞こえない湯ぶねで自撮りしてたら、

 

「Hi!」

 

 

オーマイガー!

 

1人の女性が。

 

英語で何とか言っている。

 

日本語はペラペラのわたしだが、英語はからっきしダメだ。

 

でも、なんとなく分かったぞ。

 

「スマホを貸せ撮ってやるから」ということだろう。

 

DSC_1849

なんともお恥ずかしい写真になっちまったな~。

 

 

それから、めでたく混浴となったわけであります。

 

彼女はNZのジャーナリストで、日本各地の秘境温泉を取材しているらしい。

(たぶん)

 

わたしにモデルになってくれというので、仕方なく応じた。

 

ついに小春おじさんも世界デビューか。

 

日本の南海に海坊主現る

 

なーんてことになっていなければいいが・・・

 

なかなか上がるタイミングがなく、

ずーと湯に浸かっていたので、皮膚がヒリヒリして眼が痛くなってきた。

 

効能が高すぎる湯やな。

 

 

いやはやこれはどうしたものか・・・

 

 

 

これ以上のことはここでは書けないので、青少年諸君オジサンは妄想空想にふけりたまえ。

 

 

 

それにしても濃密な3日間だった。

 

2日目の夜はHさんのご厚意で室内で休ませてもらった。

朝は缶コーヒーまで買ってきてくれた。

 

Oさんは寝袋を貸してくれたり、島のあちこちを案内してくれた。

 

平家城跡

DSCF4736

ウミガメ2頭発見。

 

DSCF4737

あまりに凄すぎて写真では表現しきれない硫黄岳。

 

心にしっかり刻み込んだ。

 

 

おじさんには無縁の恋人岬から。

DSCF4734

 

島のこと、

家族のこと、

宿のこと、

いろんな話をした。

火山島で生きていく覚悟とはどんなものか。

平穏に生きているわたしには分かるはずもない。

 

かつてこの地はカルデラ噴火を起こし噴石は関東まで飛んだというからすごい。

今はユネスコの三島村・鬼界カルデラジオパークに指定されていて、

その当時の痕跡が見られるが、なんとも想像しがたい光景だ。

 

 

 

 

今の島の様子を少し紹介します。

 

DSCF4727

硫黄岳展望台へは立入禁止となっています。

 

DSCF4748

ところどころに落石の危険があります。

 

DSCF4749

むかでが、サソリのようなもの食っとる。(サソリじゃないと思いますが)

 

 

台風の影響で坂本温泉へは行けませんでした。

 

島にある商店が帰る日から数日休みになっていたので気をつけてください。

数日ずれていたらわたしはどうなっていたのでしょう。

 

必ず、宿を予約して行ってください。

 

キャンプ場もあります。

 

いずれにしろ事前に観光協会に確認を取って行くことをお勧めします。

 

 

上陸するまでは不安がいっぱいでしたが、Hさん、Oさんのおかげで楽しい旅になりました。

今度は糸島でお会いできるの日を楽しみにしております。

DSC_1840

DSC_1841

 

いよいよ出港です。

 

上陸するときはジャンベの音がまったく入って来なかったが、今は満ち足りた心にジャンベのリズムが心地よい。

DSCF4750

DSCF4687

DSCF4754

サヨウナラ硫黄島。

 

 

 

そして、鹿児島から熊本へ。

 

DSC_1860

阿蘇び心熊本店のサイトーちゃんに会いに。

癒される笑顔!

DSC_1858

 

 

ぐっすり眠った。

朝起きた時自分がどこにいるか分からなかった。

 

ときどき旅に出て、旅人目線に戻ることは大切なこと。

これからもおもろい旅を続けていきたい。

 

と、まじめに終わってみた。

 

 


人気ブログランキング

 

広告

硫黄島の旅 1

前回プロローグからのつづきです。

DSCF4686

上陸か退散か?

 

2泊の野宿で済む?

 

フェリーが欠航すれば?

 

オー恐!

思考停止しよ。

 

硫黄島を目前にして腹を決める時が来た。

 

一か八か上陸するしかないやろ。

 

いつもゲストさんに優しくしているあなたのわたしだから神様が助けてくれるはず。

 

なんとポジティブなわたし。

 

よし上陸じゃ!

DSCF4687

おお。すごい色。

 

港が温泉。

 

 

上陸。

 

 

 

港の前にある観光協会へ。

 

「宿が取れないんですけど・・・」

 

「そうですか・・・う~ん・・・

この船で帰ったほうがいいかもしれませんよ。」

 

(ほら!言わんこっちゃない。)

(なんで降りたんやろ。)

 

振り返ると船のタラップは外されていた。

 

出港だ。

 

ぜ・つ・ぼ・う とはこんな時に使う言葉だ。

 

 

寝床を見つけなきゃ。

フェリー乗り場にコンテナが置いてあった。

一時待合所。バス停みたいな感じかな。

中に木のベンチ。

ここしかない。

許可をいただき、今日の寝床確保。

DSC_1826

次は食料だ。

「早く食料を確保した方がいいですよ」

島には小さな商店が1軒。

船が着いたので島の人たちが来ている。

食料品から日用品までなんでもある。

冷凍焼鳥とパンに菓子それとびーるを買った。

 

 

岸壁に行って大海原を眺めながら、とりあえず、びーる。

 

呑めば大概のことはどうでもよくなる。

 

噴煙をあげている口永良部島、屋久島が見える。

 

気持ちいいー。

 

昼寝しよ。

 

 

夕方、総合開発センターというところで地元の人と温泉に入ってホテルに戻った。

 

「SEASIDE  HOTEL コンテナボックスIOUJIMA」

 

 

はよ飯食って寝よ。

 

昼間はTシャツ1枚でよかったが、日が暮れると寒くなってきた。

 

おまけに雨降ってきたやんけ。

 

持ってきた服全部着て、手には靴下をはめて横になった。

 

寒い。

 

やばい。

 

夜中雨が上がったら、風がでてきた。

 

雨はしのげるが風はしのげない。

 

凍死する。

 

 

満月がきれいな夜だった。

 

この月があの山に隠れると夜が明ける。

 

もう少しの辛抱だ。

 

早く温泉であったまりたい。

 

夜明けを待たずに、歩いて30分程の東温泉に向かった。

 

ここは孔雀の島でもある。

暗闇から孔雀が襲ってくるんじゃないかとビビリながら進む。

 

波の音が聞こえてきて海にでた。

 

海に突き出た東温泉。

 

岩の隙間から温泉が海に流れ落ちている。

 

それを囲っただけの野趣あふれる温泉だ。

 

誰もいない。

 

ふ~あったかい~

生き返った。

 

空の様子が変わってきた。

夜明けだ。

DSCF4696

#夜明けのこない夜はないさ~

 

太陽さんありがとー。

あなたのおかげで生きていられます。

 

朝陽に祈りを捧げ、踊った。

 

歌ったり踊ったり、眠ったりして時間をすごした。

 

誰もいない。

 

見えるのは、太陽、空、雲、海、島、噴煙。

 

ここは天国か?

 

もしかしたらわたしは昨夜凍死したのか?

 

 

 

 

次の日も夜明け前から出かけた。

 

 

#誰もいないうみ~

 

空の色が変わり始めたころ

調子に乗って湯船で自撮りしていたわたし。

 

 

「Hello! Hi」

 

ひとりの天使が・・・

 

オーマイガー!

 

やっぱりここは天国か・・・

 

 

 

つづく

 


人気ブログランキング

硫黄島の旅 プロローグ

すっかり寒くなった福岡県糸島市よりこんにちは

痔で旅を延期していたあなたのわたしです。

 

 

今回の目的地は薩摩硫黄島。

 

鹿児島の沖に浮かぶ火山島。

 

行き当たりばったりの旅だ。

 

まずは新幹線で鹿児島入り。

 

前日予約していたイルカゲストハウスへ。

 

昨年、諏訪之瀬島へ行った時以来1年ぶり。(冒険者たち 参照)

 

着くと早々オーナーが桜島の温泉へ行きましょう。と誘ってくれた。

 

その前に明日の島の宿を予約しとかなくてはね。

 

おすすめの宿を紹介してもらい、電話するがどこも応答がない。

 

困ったな。

 

また後で。

 

 

桜島へ渡り、港近くの温泉へ。

 

鹿児島の夜景を見ながら心も身体も温かくなった。

 

その後近くの宿ムーン ガラムマサラへ。

かなり個性的な宿だが、素敵なご夫婦で独特なゆる~い時間が流れている。

愛犬のポチも人懐っこい。

オリオンビールでいい気分になって、ついつい長居してしまった。

 

市内に戻り今度は気になっていた宿ホステルトマルへ連れていってもらった。

 

イルカゲストハウスで修行したショウコさんが宿を始めて1か月。

 

どんな感じかな。

 

今度は泊まってゆっくり話してみたいな。

 

突然お邪魔したのにビールまでいただきました。

ありがとうございました。

DSC_1817

 

さて、やっとイルカに戻ってきた。

楽しみにしていた よるイルカ。

 

生親子丼と、おすすめの焼酎で満ち足りた気分。

 

イルカのオヤジさん。

いろんな所へ連れていってくれてありがとさん。

 

充実した濃厚な時間。

 

あ~幸せ。

 

 

いかんいかん。

 

旅はまだ始まったばかりだ。

 

酔いちくれて宿に電話するの忘れてた。

 

明日にして早く休もう。

 

 

 

酔いも手伝いぐっすりと眠れた。

 

今日はいよいよ硫黄島上陸だ。

 

港に行く途中コンビニで、朝飯 昼飯 若干の保存食調達。

 

待合所で宿探し。

5軒かけたがどこも相変わらず応答なし。

いったいどうなっているのだ。

 

フェリーの出港時間が近づいてきた。

一抹の不安を抱えながら乗船。

 

乗る前にまたパンを買った。

 

サバイバルになるかも知れぬ。

 

冒険者の私の血が騒いだ。

 

 

硫黄島まで、約4時間の船旅だが、落ち着かない。

 

DSCF4678

桜島が爆発した。

 

これは何かの予兆か。

 

 

電話をかけ続け、2軒と繋がったが断られた。

 

ピンチ!

 

今回はテントも寝袋も持ってきてないぞ。

 

ピンチの時ほど冷静に。と、父が教えてくれた。

 

落ち着け!

 

まだ、時間はある。

 

DSCF4682

開聞岳通過。

 

ここでわしも考えた。

 

硫黄島がダメなら、

今日は1つ手前の竹島ではどうか。

竹島の宿は取れないか。

そして、明日硫黄島の宿はどうであるか。

 

でもそんなに上手くいくはずもなく、どちらもまた断られた。

 

ついに、スマホもつながらなくなってきた。

 

こんなもん海に捨ててやるわい!

 

 

行き当たりばったり、無計画の自分が悪かとです。

この性格は死ぬまで変わりそうにないとです。

秘境に行く覚悟というか、感覚がちょっと鈍っとたとです。

 

でも旅はいろんなことが起こるからおもしろい。

気持ちを切り替えるのじゃ!

 

幸いなことにこのフェリーは3島を回って鹿児島に戻る日帰り便。

 

こう思えばよかじゃなかですか。

 

「鹿児島発着の三島クルーズ。ちょっと贅沢な大人の船旅。」

 

そんでもってまたイルカに泊まる。

 

でも行く前にイルカのオヤジさんに、

「泊まるとこなかったら溶岩台地の上で寝る。地球がおれのベッドばい!」

と豪語してきたので何と言われるか。

 

イルカのオヤジさんは、今年の夏トゥクトゥクで日本一周してきた豪傑だ。

 

「12時間も船に乗って帰ってきたでごあすか。これはまたチキンな方でごあすな」

 

と言われるに違いない。

 

さらに、「航海しても仕方ない。」

と、ダジャレまでかましてくるだろう。

 

トホホ・・・

 

しかし、

 

チキンとだけは言われたくない!

 

 

どうする。

 

上陸するか。

 

帰りの船は2日後。

 

2日も野宿できるか。

 

寒くないか。

 

 

妄想空想しているうちに目指す島が近づいてきた。

 

DSCF4686

おー!ジュラシックパークじゃ!

 

どうする。

 

上陸か退散か?

 

もう猶予はない。

 

 

つづく。

 


人気ブログランキング

ふっこう割をご存知ですか?

政府がやっている「13府県ふっこう周遊割」。

 

福岡県も入っています。

 

わたしも知りませんでした。

(し・し・しらんのかい!)

 

「2泊以上連続して宿泊」など、条件がありますが、知らないともったいない。

 

小春に連泊でもいいし、他の宿と組み合わせてもOK。

 

ちなみに、福岡県は補助が1人1泊4000円なので、小春はタダで泊まれるということです。

 

申請書を提出すれば、宿泊代は戻ってきます。

DSC_1802

ただし、11月30日までですが、予算がなくなり次第終了ということです。

 

詳しくは「福岡県ふっこう周遊割」で検索してください。

人気ブログランキング

オリーブの収穫

すっかり秋めいてきた福岡県糸島市よりこんにちは

 

 

近所の木工小屋 木蓮の品川さんと近所のオリーブを採らせてもらいました。

DSC_1783

この木は、近所の方が小豆島を旅行した際、記念に持ち帰ったらしいです。

DSC_1785

きれいに水洗いして、私は日本酒につけました。

2週間くらいで飲み頃になるそうです。

どんなんかな~

たのしみー!

DSC_1791

品川さんは重曹であく抜き。

料理上手な品川さん。

どんなもんができるのかな。

DSC_1793

これも2週間くらいなので、交換して味わいたいですね。

DSC_1795

小豆島の山田オリーブ園のあく抜き方法を参考にさせてもらいました。

 

 

 


人気ブログランキング

キレッキレのわたし

台風の南200キロの福岡県糸島市よりこんにちは

強い風が吹き付けていますが、こんな時でも泊まりに来てくれる命知らずのゲストさんに感謝感激です。

 

 

さて、ギックリ腰から便秘になり、切れ痔になった、

 

キレッキレの切れ痔いさんです。

 

トホホ・・・

 

絵に描いたような3段落ち。

 

 

いつもの切れ痔とは今回のは明らかに違うぞ。

 

あまりにの激痛に毎回トイレに行く前に遺書を書きました。

 

出そうとするが出ない。

 

あまりにの痛さに括約筋が活躍してしまうのです。

 

このままでは、フン詰まりで死んでまうよ。

 

何としても出さなくては。

 

 

「うぎゃ~!」

 

 

眼から鼻から口から液体があふれてくる。

 

 

「うぎゃ~!」

 

 

 

これはもう病院に行くしかあるまい。

 

「中が相当腫れてますね」

「魚の骨はないみたいだね」

 

もうちょっとやさしくして・・・

 

さ さ さかなのほね?

 

ピーナッツなら大量に食ったぞ。

 

まさか、こいつが・・・

 

 

痛み止めと軟膏をもらったが、やっぱりうんちは難航した。

gaku

これはもうヨーグルトと水で下痢ぎみにコントロールするしかあるまい。

 

しかしなかなか思うようにならない。

 

毎日この状態が続くと、さすがに参ってくる。

 

出口の見えないトンネルにあなたのわたしはいるのである。

IMG_20180209_195642_451

 

宿どころではない。

 

旅に出るつもりで1週間お休みにしていたので助かった。

 

ゆっくり静養しよう。

 

外出もままならない。

 

いつ括約筋が崩壊するか分からないのわたし。

 

トイレから半径300メートル以内にいなければ危険が危ないのだ。

 

 

しかし

 

今このブログを書いているということは、事態は好転してきたということです。

 

やっと薬が効き始めたのだ。

 

なんとかこのまま快方に向かってほしい。

 

痔の神様おねがいします。

 

 

いつも,くだらない 何の役にも立たないと一部の心ない人たちから批判されているブログですが、たまには役に立つこと書いているでしょ!

 

 

 

クリックお願いします。


人気ブログランキング

魔女の一撃

朝晩かなり涼しくなった福岡県糸島市よりこんにちは。

やっとパソコンのまえに座れるようになったあなたのわたしです。

 

 

敬老の日のプレゼントではありません。

DSC_1760

杖を買ってやる。という

妻のありがたいお話を丁重にお断りしましたが、

買ってきてくれました。

使ってみると転ばぬ先の杖で楽です。

 

 

いやはや、久しぶりに食らいました魔女の一撃。

 

ジブリの森と言われていた小春の庭。

 

木の剪定を手伝うこと4日。

 

ギックリ腰リピーターさんの私はやばいよやばいよ状態。

 

終わって1週間くらいゆっくりしていましたが・・・

 

油断していました。

 

薪を運んでいるとき、

 

ギクッ

 

 

2年くらい前、お犬様のお墓の草取りをしていたとき以来です。

(あんだけ可愛がってやったのに何たる仕打ち)

 

 

2日くらいは動けず、ゲストさんを放置してしまいました。

本当に申し訳ございません。

 

 

3日目に犬のように私の異変を察知した若旦那と若女将が見舞いにきてくれました。

たぶん私が知らせたのですが。

じいさん、梨ちゃうで。

らふらんすやで!

晩ごはんもつくってくれました。

 

ありがたやありがたや。

 

南無阿弥陀仏。

 

 

 

そういえば今回もお犬様のお墓の前だったな~。

何たる仕打ち。

 

そうか!

 

来週はお犬様の命日だ。

 

草取って、花でも植えろということかな。

 

もう勘弁してね。

 

 

ポチっと押してくださいませ。


人気ブログランキング

リピーターさんありがとう

稲刈りが始まった福岡県糸島市よりこんにちは。

おかあさん。あの暑い夏はどこへいったのでしょう。

 

樹木希林さん ありがとう。

 

 

小春は大手のサイトには登録していない、ぼちぼち営業のゆる~い宿です。

 

なので、紹介してくれる方、リピーターさんによって支えられています。

 

おかげさまで、少しずつですが、リピーターさんが増えつつあります。

 

わたしの知らないところで紹介してくださる方がいるのでしょう。

 

ありがたいことです。

 

 

リピーターのTさん。

67歳で2輪の免許をとって、今回千葉から走って来られました。

8泊されて、毎日西へ東へとツーリング。

体力、気力ともすごい!

DSC_1755

佐賀の方へ一緒に走りに行きました。

 

 

今日チェックアウトして四国方面へ。

気を付けていってらっしゃーい。

 

 

 

Kさん、倉敷からVWのオフ会へ行くのにわざわざ寄ってくれました。

偶然Tさんとも1年ぶりの再会でした。

DSCF4584

 

 

バイカーのKさん、福岡市内から。

DSC_1757

宴会中いなくなったと思ったら・・・

こっそりギターの練習してる。

披露するのかと思いきや・・・やーめた。

DSCF4582

 

 

ハンググライダー、シーカヤックとアクティブなCさん、福岡市内から。

DSC_1756

 

お転婆すぎるやろ!

DSCF4572

 

 

小春の庭をさっぱりしてくれた近所の庭師Kさん。

ゲストさんと近所の海でシーカヤックやったり、木にロープまきつけたり・・・

DSC_1744

 

何やっとんねん!

DSC_1752

 

 

ゲストハウスデビューの人。

ゲストハウスめぐりをしている人。

いろんな人が集まって、

いろんな料理を持ち寄って、

いろんな話をして、

小春の夜は更けていくのです。

 

 

 

 

ポチっと押してくださればうれしーな。


人気ブログランキング

宿泊無料キャンペーン

小春にタダで泊まれるチャンス。

 

チャンスなのかピンチなのか分かりませんが。

 

その条件は労働です。

 

近所の仲のいい庭師さんから薪づくりをしてくれる人いませんか。との話がありました。

 

男性1名で、時間は9時から16時くらいまで。

 

薪ストーブ用の薪をチェーンソーで40センチ以内に切断。

DSCF4555

DSCF4554

薪割りなど。

DSCF4556

 

小春の宿泊代は3000円なので、ただの労働と考えると、

労働基準法違反じゃねえか。え!こんなもんやってられっか!

ということになりますので、

 

薪づくりをやってみたい人。

薪ストーブの導入を考えている人。

宿代を節約して旅をしている人。

小春にお金を払うのはどうしてもイヤだと思う人。

友達がいない人。

 

などが向いていると思います。

 

ゆっくり自分のペースでやって大丈夫です。

 

早い者勝ち!

 

 

クリックしてくれたらうれしいです。


人気ブログランキング

糸島プロジェクト

今日は蒸し暑い福岡県糸島市よりこんにちは。

この夏、ハワイ行った、フロリダ行った 夢を見たあなたのわたしです。

 

 

 

糸島プロジェクトで、相模女子大がやってきた。

 

 

糸島プロジェクトとは、これからの女性のはたらき方を調査、研究し、そこで生じる課題や解決策をかんがえながら、社会における女性または自身の人間形成・生き方における気づきや考え方を持つことを目的として一年を通じて活動するプロジェクト なのだ。

 

 

私の頭ではようわからへん。

 

要するに、若者よ、糸島の生産者を訪ねて、いろんなことを体験したり、話を聞いたりして何かを感じなさい!

 

ということなのだろう。たぶん。

 

 

 

小春に1年半ぶりに泊まりにきてくれた。

 

前回は、プロジェクト中の宿泊場所として。

IMG_0298

当時はまるで合宿所やったな。

 

寝袋持参で500円けちりよったな。

 

でも毎日、朝早くから夜遅くまでようがんばった。

 

私だったらもう行方不明になっとたな。

 

 

今回はプロジェクト終了後の延泊なので、リラックスモード。

 

まず、4年生3人がやってきた。

 

就職も決まり、今回が最後の参加。

 

前回と同じ場所で撮ってみた。

DSCF4513

ジャージから大分成長したな。

 

少し大人になって落ち着いている。

 

 

DSCF4524 (1)

青年よ大志を抱け!

 

 

DSCF4533

それぞれの人生を頑張りなさい!

 

 

DSCF4528

でも、助け合っていきなさい。

 

 

今度は彼氏とお忍びで来てね。

 

 

 

次の日は3年生と2年生が来た。

DSCF4534

来年のために定点撮影。

2年生はやや落ち着きがないな。

 

 

DSCF4537

朝、なんと糸島の大御所が3年生を迎えにきた。

 

糸島のフェラーリでいろんなところへ連れていってくれるらしい。

 

2年生も地域おこし協力隊のみなちゃんが付き合ってくれる。

 

みんな幸せもんやで。

 

このプロジェクトでくる学生は研修以外でも糸島のいろんな人に愛され、あちらこちらから引っ張りだこ。

 

 

どうしてなのかな? と わしも考えた。

 

 

まず、非常に礼儀正しい。

 

研修にきているのだから、「当たり前だのクラッカー」かもしれないが、

 

大学の教育方針、指導されている方がしっかりしているに違いない。

(よいしょ!)

 

そして、なにより彼女たちの人柄がいいのだ。

 

糸島を好きになってくれてありがとう。

 

 

将来 人生に迷ったときは糸島に帰ってきなさい。

 

きっと私以外の誰かが助けてくれると思うよ。

 

 

社会人になっても、会えたらいいな。

 

とりあえず、来年待っとるで!

 

 

 

ポチっと押してください。

↓  ↓  ↓


人気ブログランキング